本文へスキップ
 ホーム  新着情報  会社案内  業務内容  品質工学  資料集  お問い合わせ
イメージ写真1
 

 品質工学と固有技術の合わせ技により、
"Best Solution" 発見のお手伝いをします。

  ■ 品質工学コンサルティング

  お客様のサイトにお伺いして、それぞれの技術課題に品質工学を適用し、その解決に取り組みます。
また、課題に品質工学を適用できるかどうか、適用するならどこにどう適用すればよいか、品質工学を社内に普及させるためにどうしたらよいか、といったご相談にもお答えしています。
  ■品質工学研修

  入門から上級まで、当社オリジナルテキストによる各種講座を
 用意しております。
 お客様のニーズに沿ったカスタマイズも承ります。



  ごあいさつ
                                 代表取締役 水上 浩一郎

 当社のホームページをご覧くださいましてありがとうございます。私は、約30年にわたって半導体の技術開発に携わってまいりましたが、この中で痛感したことは「半導体はばらつきとの戦いである」ということです。私は、品質工学(タグチメソッド)にめぐり合った時に、これは「ばらつき」との戦いに勝つための最も有力な武器であると直感し、一目惚れしました。その後、一社でも多くの企業に、あるいは一人でも多くの技術者に品質工学を知ってもらい、活用していただきたい、という思いから、当社を設立しました。 
      
 半導体に限らず、多くの分野において技術が高度化するにつれて「ばらつきとの戦い」が従来以上に困難になりつつあります。
皆様が品質工学を自家薬籠中のものにし、活用することによって「ばらつきとの戦い」に短時間で勝利されますことを願っております。 

 品質工学は、製品/システムの特性ばらつきの問題を最短時間で解決する(特性のばらつかない製品を設計する)ための汎用的な手法です。従って、技術分野を問わず適用可能ですが、その技術分野の知識・経験・理解が伴ったときにより的確なコンサルティングが可能になります。これがページ冒頭に掲げた「品質工学と固有技術の合わせ技」です。この意味で、当社はエレクトロニクス系の分野を中心にコンサルティングを行っております。

 品質工学は、別の表現をすれば、技術者の仕事の質(目標達成度とスピード)を高めるツールでもあります。労働コストの安い海外と競争し技術の優位性を保ち続けるには、一人ひとりの技術者が海外の技術者5人分から10人分の成果を生み出すことが必要です。これを実現するために、品質工学を活用されることをお勧めします。

 このホームページは、これまで品質工学になじみのなかった方々には品質工学に取り組むきっかけを、また、既に取り組んでおいでの方々には何らかの役立つ情報をご提供することを目的としております。ご意見、ご要望など、ございましたら「お問い合わせ」ページからお寄せくだされば幸いです。